ペットフード協会 飼育頭数 – 平成25年度全国犬・猫飼育実態調査

[PDF]

一般社団法人 ペットフード協会 平成30年(2018年)全国犬猫飼育実態調査 結果 犬:890万3千頭、猫:964万9千頭 犬・猫 推計飼育頭数全国合計は、1,855万2千頭

[PDF]

一般社団法人 ペットフード協会 平成29年(2017年)全国犬猫飼育実態調査 結果 犬・猫 推計飼育頭数全国合計は、1,844万6千頭 (犬:892万頭、猫:952万6千頭)

全国犬猫飼育実態調査。ペットフードの安全性・品質向上、健やかなペットライフの実現を目指し様々な活動に携わる団体。 一般社団法人ペットフード協会.

実際の飼育頭数 「ペットフード協会の調査は飼育頭数ではなく飼育実態だった」。 これで飼育頭数現象説が覆せたかというとそうではなく、たったひとつのデータの正しい見方を知ったに過ぎない。 次は正しいデータを見つけることだ。

[PDF]

一般社団法人ペットフード協会が発表している 飼育頭数の推移では2008年に最高で1310万 1000頭までいた犬が徐々に減って、2016年 は987万8000頭となっています(図1)。 猫に関しては、同協会の実態調査では2016 年に984万7000頭で、数字的には横ばいで す(図2

目次

ペットブームといわれる昨今ですが、実際には犬の飼育頭数は減少、猫は横ばいだといわれています。一般社団法人ペットフード協会が毎年調査、発表しているデータによると2017年10月時点での飼育頭数は約892万頭と2014年以降は1000万頭を切っています。

著者: Nonoko

全国犬猫飼育実態調査。ペットフードの安全性・品質向上、健やかなペットライフの実現を目指し様々な活動に携わる団体。 一般社団法人ペットフード協会.

サマリー

一般社団法人ペットフード協会が実施した「2015年全国犬猫飼育実態調査」の結果が明らかになった。その主な調査結果が何を意味するか、数回にわたり考察してみることにしたい。

年々飼育頭数は減少?データで読み取るペット業界~2017年度~ 一般社団法人ペットフード協会から2017年の飼育実態調査の結果がでました。 飼育実態調査より抜粋して報告します。

ペットフードの事業者を中心とした95社(正会員60社、賛助会員35社)で組織する一般社団法人ペットフード協会は、平成28年(2016年)全国犬猫飼育実態調査を行ない、この度その結果がまとまりました。猫の飼育頭数は横ばいであるが、犬の飼育頭数

平成29年全国犬猫飼育実態調査によると、調査開始からはじめて猫の飼育数が犬を超えたという。今回は、全国犬猫飼育実態調査より、私たちの暮らしと関係性の深いペットの飼育状況について見ていきた

サマリー

ペットフード協会(東京)は22日、平成29年の全国犬猫飼育実態調査で、猫の推定飼育数が6年の調査開始以来初めて、犬の数を上回ったと発表した。

犬の飼育頭数が減っている理由とは? ペットフード協会が発表した「平成27年・全国犬猫飼育実態調査」によると・・・ 推定飼育頭数を時系列で見ると、猫は横ばいであるのに対し、犬は減少を続けていることが分かりました!

著者: Aoiringo

ペットフードの事業者を中心とした85社(正会員56社、賛助会員29社)で組織する一般社団法人ペットフード協会は、平成30年(2018年)全国犬猫飼育実態調査を行ない、この度その結果がまとまりました。主な調査結果1. 平成30年度 全国犬・猫

ペットフードメーカーの業界団体「一般社団法人ペットフード協会」(東京都)は22日、全国の犬と猫の推計飼育数を発表した。猫が953万匹

ペットフード協会が発表した「平成27年 全国犬猫飼育実態調査」によると、推定飼育頭数を時系列で見ると、猫は横ばいであるのに対し、犬は

去年2015年の日本でのペットの飼育数がペットフード協会から発表されたそうです。《東洋経済の記事》 飼い猫も減少、僅差で飼い犬との逆転ならずまだ、ペットフード協会のホームページでは正式に公開されておらず、速報値のようです。この記事を見ると、残念ながら去年も犬の飼育数が

ペットの飼育事情の調査. 一般社団法人 ペットフード協会が、「全国犬猫飼育実態調査」の結果を公開しています。 2017年9月に行なわれたインターネット調査では、20歳~79歳の男女63,123人が回答して

片や、犬猫の飼育頭数合計は、平成30年度では1,855万頭と子供の数を大きく上回っています(一般社団法人ペットフード協会調べ)。 飼育頭数は、犬は減少、猫は横ばい傾向 ペットブームは過去のこととなり、現在日本のペットの頭数は減少傾向にあります。

無料ソース

「全国犬猫飼育実態調査」はペットフードの事業者を中心とした99社(正会員62社、賛助会員37社/2014年12月時点)で組織する一般社団法人ペットフード協会が、50,000人を対象に実施しているアンケート調査です。

ペットフード協会は、平成25年度全国犬・猫飼育実態調査を実施。【調査結果】1.平成25年度 全国犬・猫 推計飼育頭数全国の推計飼育頭数 犬:10,872千頭、猫:9,743千頭。 時系列でみると、猫の頭数は昨年とほぼ同じ、犬の頭数は減少傾向

ペットの高齢化の現状と背景

ペットフード協会は、ペットフードの製造・販売会社など85社(2018年4月1日現在)が会員となっている業界団体で、会員企業によるペットフード

2017年 犬の飼育頭数 8,920,000頭(前年比6.5%減) (全国犬猫飼育実態調査 結果 日本ペットフード協会) 自治体に届けている登録犬数と日本ペットフード協会の飼育頭数には乖離はあるものの、共に2016年が前年比1%減と、トレンドはほぼ同じとみてよい

ペットフードの事業者を中心とした99社(正会員62社、賛助会員37社)で組織する一般社団法人ペットフード協会は、平成27年(2015年)全国犬猫飼育実態調査を行ない、この度その結果がまとまりました。猫の飼育頭数は横ばいであるが、犬の飼育頭数

「犬の飼育頭数の減少に伴い、ペット産業の衰退が懸念される。寄付を募ってテレビや新聞に広告を出すなどし、(犬の)飼育の推進を図っては

2017年は猫が犬の飼育頭数を上回る可能性が出てきた。 猫ブームの勢いが止まらない中、ペットの世界に何が起きているのか。 AERA 2017年6月19日号

犬の 飼育頭数 の減少の理由とは?病気が増えたわけでもないから別の理由があるものと考え私がペットフード協会の会長になった時に徹底的に調査をしました。すると、1つの原因がみえてきました。それは【2005年に動物愛護管理法が改正されたこと】で、ブリーダーの数が激減している事実

役所が管理する登録頭数、jkcの犬種別犬籍登録頭数、ペットフード協会の犬飼育頭数推計は、同じ犬の集計ではあるのですが、それぞれに捉えている対象の切り口が違います。 当然、単純に比較することは

一方、(社)ペットフード協会発表の犬・猫の飼育頭数は減少傾向です。 特に2016年‐2017年の2年度で比較した犬の飼育頭数(987万8千頭⇒892万頭)、飼育世帯数(790万2千世帯⇒712万7千世帯)はともに前年より1割近く減少しました。

現在の猫と犬の飼育頭数は? 一般社団法人ペットフード協会が平成28年に調査した結果では、推定飼育頭数が犬は987万8千頭、猫は984万7千頭でした。 犬の頭数は年々減少傾向にあり、猫はほぼ変わってい

犬猫の飼育頭数は、ペットフード協会が毎年公表されている情報をグラフにいたしました。 青色の折れ線グラフが犬の飼育頭数の推移で、橙色の折れ線グラフが猫の飼育頭数を表しております。2015年と2017年に猫の飼育頭数が犬の飼育頭数を上回りました。

犬の飼育頭数が減ってしまった一番の理由は動物愛護法改正による少数のみブリーディングしていたブリーダーの減少により、子犬の繁殖頭数が2004年から2014年までの10年間で45%も減ってしまったこと と言われています。 ブリーダーは72%も減少しています。

ペット業界が求める「規制緩和」の中身 犬の飼育頭数減少は動愛法改正のせい? ペットフード協会は、ペットフードの製造・販売会社など85社(2018年4月1日現在)が会員となっている業界団体で、会員企業によるペットフード市場の占有率は90%以上と

日本ではペットの数が子供の数を上回るようになりましたが、飼育率はどのように変化しているのでしょうか。今回は犬猫ごとに、日本のペット飼育率の推移を都道府県別、世界のペット飼育率の推移を国別で紹介します。

犬猫の飼育頭数は、ペットフード協会が毎年公表されている情報をグラフにいたしました。 青色の折れ線グラフが犬の飼育頭数の推移を表しております。また、橙色の折れ線グラフが猫の飼育頭数を表して

ペット産業の下記統計が知りたい。 (1)小型犬、大型犬の飼育数 (2)犬を飼うのにかけているお金(世帯あたり)

その反対に、 飼育頭数が増えているのが 猫 と うさぎ 。 このまま推移していくと、2015年には猫の飼育頭数が犬より多くなると予想されています。(日本ペットフード協会「全国犬猫飼育実態調査」より)

参考:一般社団法人ペットフード協会「平成28年全国犬猫飼育実態調査 結果」 ペット可物件の供給数と実態 ペット可としている物件の数は分譲、賃貸などを含めてもさほど多くないとは以前から言われていますが、比較的ペットの飼育が可能だと言われる

[PDF]

タイトル:保護動物飼育の阻害要因 岩倉 由貴 1. はじめに 一般社団法人ペットフード協会の調査(2016)によると、全国の推計飼育頭数は犬が987 万8 千頭、猫が984 万7 千頭である。猫の飼育頭数は横ばいであるが、犬の飼育頭数は減 少傾向にある。

一般社団法人ペットフード協会の「平成30年度全国犬猫飼育率調査」によると、日本における犬の飼育頭数は、約890万匹になるそうです。約10人に1人が犬を飼っていることになりますね。 チワワやミニチュアダックスフントといった正統派の人気犬種ももちろんかわいいですが、個性的な犬種を

三が日も通常営業の猫ジャーナルがお届けしますのは、一般社団法人ペットフード協会が昨年12月22日に発表しました「平成29年 全国犬猫飼育実態調査」で、1994(平成6)年の調査開始以来、初めて「猫の飼育頭数推計値が、犬のそれを上回った」という

ペットフード協会調べ平成29年(2017年12月22日現在)、犬全体の平均寿命は14.19歳、猫全体の平均寿命は15.33歳。前年比、犬は-0.17歳、猫は-0.29歳。ペットとして飼育される犬・猫の寿命は2013年からあまり変化がない。な

【1ページでまるわかり】犬や猫の流通に関わる仕事や基本データです。ブリーダーの元で生まれた子犬や子猫たちの多くは、いくつかの流通プロセスを経て飼育者の元へ届けられますが、残念ながら末端消費者まで到達できないものたちも存在します。

ペットフード協会(東京)は22日、2017年の全国犬猫飼育実態調査で、猫の推定飼育数が1994年の調査開始以来初めて、犬の数を上回ったと発表した。

最近、「猫の飼育頭数が犬に肉薄している」という調査結果が発表された。 今年1月にペットフード協会が発表した「平成27年 全国犬猫飼育

一般社団法人ペットフード協会 全国犬猫飼育頭数実態調査調べ(2018年) 犬の飼育頭数は2014年から減少傾向ですが、 猫の飼育頭数は2015年より年々増加し、ついに2017年には犬の飼育頭数を上回ったんです! また犬・猫共に「 純血種 」が増え、室内飼育が進み、ペットに掛ける費用(フード

【人とペットの赤い糸】 ペットフード協会は、2019年全国犬猫飼育実態調査結果を23日に発表した。調査対象は全国の20歳から79歳の男女5万サンプル。主な結果を2回に分けて紹介したい。 猫の頭数は1

[PDF]

ペット関連業界の発展を左右する日本の犬猫のペットの頭数は、2008年をピークに減少傾向にありま す。一般社団法人ペットフード協会の調査によると、残念ながら、2013年、犬の頭数は5.7%減少し、 猫の頭数は昨年とほぼ同じでした。

[PDF]

ペット飼育の状況. 一般社団法人ペットフード協会の調査結果によると、犬・猫の推計飼育頭数は、 2018. 年 現在、犬が8,903千頭、猫が9,649千頭となっています。前年(犬8,920千頭、猫9,526千 頭)に比べ犬は17千頭減少し、猫は123千頭増加しており、犬・猫の

一般社団法人ペットフード協会のデータを参照. 今回の話ではペットフード販売士の資格検定を実施している一般社団法人ペットフード協会の2017年のデータを参照(pdf)させていただきます。. まず、 2017年の犬の飼育頭数は8,920千頭。 猫は9,526千頭(外猫は除く)となり、初めて猫のほうが飼育

頭数については2017年の29万5910頭から減少し、29万2906頭となりました。3004頭の減少となります。先日、一般社団法人ペットフード協会による「全国犬猫飼育実態調査」の最新データでは、犬の飼育頭数が猫を上回ったという発表がありました。

【fp執筆】猫の飼育頭数は年々増加しており、それに合わせて病気やケガに備える猫のペット保険のラインナップも充実してきました。今回は猫のペット保険の必要性と、おすすめのペット保険ランキングをわかりやすくご紹介していきたいと思います。

[PDF]

1-1-1 社会の中でのペットの現在 1)飼育頭数 現在日本では、987万頭の犬、984万頭の猫が飼育さ 出所)一般社団法人ペットフード協会『全国犬猫飼育実態調査』各年度より作成。

ペットフード協会の推計によると、日本国内の犬の飼育頭数は2008年をピークに、2010年代に入って右肩下がりになっている。また、血統書発行

1.日本におけるペット犬の飼育数. 一般社団法人ペットフード協会によると、2015年に犬を飼っている世帯は全国で7,985千世帯、飼育頭数は約9,917先頭に上ると言われています。2011年より年々飼育数は減っていますが、世帯数で比べると、猫の飼育世帯数より